• HOME
  • BLOG
  • LIFE
  • 相手が困らないクリスマスプレゼントの選び方

相手が困らないクリスマスプレゼントの選び方

こんにちは.c_kです.
11月に入り、朝晩グッと冷え込んで空気も澄みはじめ、年末の足音を感じる季節になりましたね.
うちでは、毎年11月に入るとそろそろ準備をやり始めなくちゃ!と思うことが大きく2つあります.

それは、、、

・クリスマスプレゼント
・年賀状

うちは、お歳暮などの社会的な習慣はないものの付き合いのある親戚や友人にはクリスマスプレゼントやカードを送っています.
親族にクリスチャンが多い夫は結婚前からずっとしていて、私は結婚して参加するようになりました.

がしかし、、、私の場合、お祝いやプレゼントといえば、相手の好みや予算など気になることが多すぎて、結局時間もお金も労力もかかって心身ともに沈没...なんてことが多くなり、だんだん年末が辛いものに思えていました...考えてみれば、うちの実家の方はお年玉やお祝い事など基本的に金銭でやり取りされることが多かったので”モノを送る”という習慣に慣れていなかったため余計にしんどかったのだと思います.

相手が困らないクリスマスプレゼントの選び方...なんて難しいんだ....

と思っていた私ですが、何年も続けているうちに

”そっか、これでいいのだ”
(あ、バカボンみたいな口調になってしまった...)

と思える”カタチ=気持ち”の表し方のようなものが見えてきてとても楽になってきました.

<我が家の場合>

☆予算は、5000円程度/1家族.

特別のことがなければプレゼントを贈るのは4人の甥姪の誕生日とクリスマスの時だけなので、クリスマスは大体この程度と決めています.

<プレゼントの内訳>

・お菓子:
時間的に余裕のある時は、手作りのお菓子(我が家の定番はパウンドケーキやブールドネージュ)で、ない時は好きな焼き菓子や地元のお菓子を買います.
苦手なフルーツや味についてはリサーチしておきますがその時々の気分で作ります.焼き菓子は日持ちがするのでオススメです.

あと、相手との関係性によっては手作りは避けた方が良い場合もありますのでご注意を.人によっては手作りが苦手な方もおられるので、ここは気をつけたいところです.

・本(絵本や小説などをそれぞれに)
子供にだけでなく、大人にも面白かった小説や漫画などを送ることもあります.

<夫から学んだプレゼントを選ぶ時のコツ>

・自分が好きなものを選ぶ

誰かにプレゼントをする時って「相手が喜んでくれるものってなんだろう?」と考えてしまいがちですが、、、送る人によって好みはそれぞれだし考え始めるとキリがない...偶然欲しいものがわかったとしても、こだわりのある人だった場合は、色や素材やブランドなど、結局は「うーん、これじゃないんだよなぁ」となるのが関の山だったりします.一生懸命考えた挙句なんだか喜んでもらえないなんて残念.

<プレゼントにおける喜びの要素って何だろう?!>
・3つあげてみました

1.ご褒美
好きなもの欲しいものを手に入れる喜び.

2.ちょっとしたサプライズ!
自分なら選ばないようなものをもらう→新しい発見

3.もらう喜び
そもそも相手がプレゼントをしようと思ってくれたことや何にしようか考えたり選んだり自分を思ってくれた時間など全てがうれしい.

1の場合は、相手の欲しいもののリクエストを聞くとかリサーチすればOK.
2.3の場合は、自分があげたいものをあげればOK.
好みの厳しい人なら食べ物など後々残らないものにしておけば無難かと.

まとめ

やはり本とお菓子が我が家の鉄板です.
プレゼントを贈る時には、相手との関係性や親密度などを考えて相手の負担にならない程度で喜んでもらえるものを贈りたい!と考えがちですが、大切なのは、相手に対する”キモチ”なのかなと思います.プレゼントはそのキモチに添えるものだと思って選ぶと見つけたり決めやすいかもしれませんね.

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。