• HOME
  • BLOG
  • LIFE
  • 息子が学校に通えるようになった方法を書いてみた(ADHD)

息子が学校に通えるようになった方法を書いてみた(ADHD)

こんにちはこんばんは、コト子です.

今日は、発達障害の診断を受けている登校拒否の息子が、ほぼ毎日休まず、かつスムーズに登校できるようになるまでの体験について書いてみようと思います.

あくまでも我が家の場合ですので、一つの例としてご興味のある方の参考になれば幸です.

なお、我が家では主治医(小児精神科医)の指導に基づいて、頂いたアドバイスを息子に合わせて対処療法として行っています.

ーーー

彼はADHD(注意欠如・多動症)という発達障害の診断を受けています.

発達障害の特性は様々ありますが、彼の場合好きなことに集中しすぎてしまう過集中の特性がとても強い傾向にあります.

したがって、何かに集中してしまうと夢中になってしまい、周りの声が聞こえなくなったり見えなくなったりする場合があります.

登校拒否については、いじめのような問題があるわけではなく、授業で同じことを何度も繰り返し指導されたりすることがつまらなく感じたり、同調圧力に不快を感じたり、特性上の作業の遅れや不器用さによるものがあるようです.すべての時間が休み時間だったら学校は平気だそうです.

登校だけでなく、物事(作業や授業、外出、遊びと勉強など)の切り替えがとても苦手です.

彼の社会参加は、幼稚園から始まったのですが上記のことから年を追うごとに登園拒否が強まり、年長の時にかかりつけの小児科医の勧めなどもあって専門医を紹介され、診断を受けました.

そこで、始めたのが障害児の周りにある障害を取り除く、”気がついたら行ってきまーすってなってたーの術”なのです.

朝は菩薩の微笑みで

今朝も、昨夜読んでいた本の続きを読み始めて私の声が聞こえなくなり朝の準備が進まずにいました.

以前の私は、とにかく自分でできる様に習慣をつけさせなくては!!と思っていたため登校時間が迫ってくると声を荒げて急かしたり怒ったりしていました.

が、今の私は毎朝 ”菩薩さま”のようにに変身します.

もちろん私が変身しようがしまいが、彼の朝の準備は毎朝遅々として進みません.

だって学校に行きたくないのですからあたりまえ.

そこで、菩薩の様な微笑みをたたえながら王様の世話係の様に着替えもうがいも手洗いもすべてサポートします.

とにかく、彼を送り出すまでは微笑みを絶やさず優しさを存分に振りまくのです.

そう、これは術なのです!!!!!

”気がついたら行ってきまーすってなってたーの術”にかける

彼の朝のルーティンは、トイレに行くことから始まります.これは小さい頃からの習慣と生理現象もあって自発的に行くのですが、本は読んだまま.

そこで補助に入ります.当初は、便座もあげパンツも降ろしてあげていましたが最近は自分でするようになりました.

用を足した後、手を洗う間は、目の前に本を広げたまま持っておいてあげます.

手を拭いた後は、自分で本を手にし部屋に戻ります.

その後は、着替えやうがいなど、すべて読書をした状態で、私が補助をしつつ支度を整え食卓までのルーティンを行います.

ここでようやく一段落つくようで、本を置き朝食をとります.

困りごとを取り除いてあげることの大切さ

そこまでするの?!ありえない!!!

と思われた方もいらっしゃると思います.

わかりますwww

以前の私も、そんなの息子の自立に繋がらないし甘やかしているだけでダメだ!!!と思っていました.

でも、朝の準備について相談した主治医の「靴下なんて履かせてあげたらいいのよ〜」という一言からそれを試した後のスムーズさとこれまでのささいなことからの怒りの感情からの解放感ですべてが吹き飛びました.

以前、息子に言われたことがあります.

「僕は困っているだけなのに...困っている人をどうして怒るの?」と.

助けてあげる大切さを改めて感じました.

おかげさまで、今はほぼ毎朝

「お母さんはぐはぐー♪ いってきまーす」と玄関を出て行く息子.

私も菩薩の微笑みのまま「いってらっしゃーい」と送り出せる日々.

もちろん、この術を使っても行けない日はあります.

そんな日は、休息日としてお休みさせています.だって毎日通ってるだけでもすごいことですからo(^-^)o

あれこれ試したけど、これはまだやってないなという親御さんに

ぜひ一度試していただきたい方法かな思います.

trial & error で今日も楽しく♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。