• HOME
  • BLOG
  • BEAUTY
  • 【コスパ最強】こめかみや生え際にすぐ出てきちゃう白髪対策迷子におすすめのカラートリートメント3選

【コスパ最強】こめかみや生え際にすぐ出てきちゃう白髪対策迷子におすすめのカラートリートメント3選

こんにちは ことりです( ´ ▽ ` )/

白髪めんどいーーーーーー!
そんな私が辿り着いた
コスパ最強の白髪対策はカラートリートメントです

近年は、グレイヘアが美しいマダムも多くいらっしゃいますが
まだそこまでは、、、という感じ
もうしばらくは、黒髪で過ごしたい
というわけで
今日は、こめかみや生え際にすぐ出ちゃう白髪対策で
一番”楽”で”効果的”だと思って
実際に私も使っている(使ったことがある)
白髪用カラートリートメントについて書いてみました^^

—————————————–
白髪出始めのオロオロ状態についても書いているので
途中の話が長くなっているため
現在のヘアケア方法・用品について
サクッとお知りになりたい方は
文末の”まとめ”のみご覧いただければと思います
”まとめ”へはここをクリック!
—————————————–

さて
歳を重ねるとともに
年齢に合わせたメンテナンスが
あちこち必要だなぁと感じる今日この頃

特に髪!!!
ハリコシツヤだけでなく
抜け毛や白髪など
悩み事が次から次へとどんどん出てきて
始まった当初はオロオロしてましたが
ようやく対応にも慣れが出てきて
心も体も軽くなってきました^^

経年変化
それは人生において
どんな人にも平等にやってくるもの

同じようなことで
悩んだり
落ち込んだり
疲れたりしている大人女性の方に
こんな人もいるのかーって
笑ってもらったり
参考にしてもらえるとうれしいです!

1.白髪、抜いてました、、、


実は
白髪が出始めたころ

抜いてました!!!

抜いてはダメと知りながら
我慢できなくて抜いてたんです〜(T-T)

ただ
初めは数本だった白髪の数も
時とともに増えてきて・・・
さすがにこれはマズイと思い
セルフの白髪染めカラーを始めました

ですが、元々猫毛で癖毛の軟弱髪質!
うまく染まらず仕上がりもイマイチだったため
美容師さんに相談して40代からは
サロンでの(おしゃれ?)白髪染めを開始
——————————————–
なぜ”おしゃれ”がつくのかは謎、笑
ですがただの”白髪染め”とは別メニューだった、笑
今思えば、白髪初心者への気遣いか?!爆
——————————————–

ただ、これも私には合わなかったー
どうしてかというと
染めたては、さすがにサロン仕上げって感じでいいものの
私の場合は”もみあげ”と”左前髪”に
集中して白髪が出やすかったので
1、2週間もすると気になる、、、
ということの繰り返し
結局コスパが悪すぎて続きませんでした(T-T)

次に試してみたのが
”カラートリートメント”

薬局で売っていた利尻昆布のをはじめ
あれこれ試してみて
現在は、
”ルプルプ オリジナル カラートリートメント”を使っています

使いやすさ◎
色味◎
色持ち◎

どれも今まで使った中で一番気に入っているので
これに落ち着いてリピートして使い続けています

ちなみに
私はまだ試していないのですが
10年目のリニューアルで新しいものが出ています
カラーのラインナップが違うのですが
近々試してみようと思っているので
その時はまたレビューしますね^^

2.おすすめのカラートリートメント3選!!!

1位 ルプルプ オリジナル ヘアカラートリートメント

猫っ毛、癖毛、アッシュ系カラー好き、赤味は苦手な私は、
こちらのベージュブラウンをリピートしています

2本セットだと6600円(送料無料)
5本セットだと15000円(送料無料)で1本あたり300円お得!!

2位 スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

こちらは、色はしっかり入るのですが色味がちょっと深いというか濃い感じがします
私はアッシュ系が好きなので合いませんでしたが、全体にしっかり色を入れたい方にはおすすめです

3位 利尻ヘアカラートリートメント

こちらは私が初めて使ったカラートリートメントです
ネット通販だけでなく全国のドラッグストアやイオンなどにも売っているので
カラートリートメントが初めてという方もお試ししやすい商品ですね
(実は私も近所のドラッグストアで買いました^^)
商品自体もよかったです

ご紹介した3品ともに共通していることは
・天然由来成分
・無添加ノンジアミン
・日本製 など

どれも価格帯は3000円前後
サロンよりは割安だし
カラーするタイミングも自分で調整できるので
小さいお子さんがいたりお仕事などで
サロンになかなか行けないママさんにもおすすめです⭐︎

カラートリートメントをする時にあると便利なグッズ

・新聞紙(なければキッチンペーパーやラップでもOK)
洗面台でカラーリングする時は、これがあるとまわりを汚さずに済むので便利です
お風呂の中でする時は、床やバスタブの素材によっては色がついてしまうこともあるようなので小さな洗面器やボウルがあるといいと思います。なければ刷毛を置くところだけでもラップを敷いておくと汚れ防止になります

・刷毛(ハケ)
ご紹介したトリートメントは付属している場合もありますが、100均でも手に入ります。
こめかみや生え際は刷毛があると狙って塗りやすいので必須アイテムになってます

↓2024.2月 Amazon1位

・ビニール手袋
100均で手に入ります。50枚入りとか。
トリートメントでも手につくと取れにくかったりするのであると便利です

↓2024.2月 Amazon1位

・使い捨てビニールヘアキャップ
100均で手に入ります。10個入りとか
これかぶって5〜10分湯船に浸かって洗ってます
時間はいつもテキトー、笑
あ、もちろん説明書を読めばメーカーごとに書いてあります

↓2024.2月 Amazon1位

・色の濃いめのタオル
洗髪後でもタオルには多少は色が移ります
気にならない方はいいのですが
私みたいに気になる方は
カラートリートメントした日とその翌日ぐらいは
バスタオルとは別に色移りしても構わない髪用のタオルを
用意しておくことをおすすめします

↓2024.2月 Amazon1位

出かける直前など、白髪の応急処置に持っておくと安心

まだ白髪出始めで、ヘアカラーまでは、という方にもおすすめ
今まで段階的に使ってみてよかったものをまとめてみました
ご参考までに合いそうなものがあればお試しあれ〜♪

・プリオール ヘア ファンデーション ダークブラウン

白髪用ファンデーションです
こめかみや前髪、頭頂部などにちょっとでちゃった白髪に
サッと塗って手軽に隠せるので一つ持っておくと安心便利です!!!
汗で流れちゃうことがあるので真夏は取扱にご注意を、笑

私にとっては、忙しくてサロンに行けず子供の友達に白髪を指摘された日、帰りにドラッグストアによって買った思い出の品、笑
カラートリートメントを定期的に使い始めてからは使っていませんが、不意に見つけた時のお守りとして今も持っています

3.まとめ <現在使っているヘアケア商品と使い方>

まとめ

ヘアマニキュア、セルフ白髪染めカラー、サロンのカラーを経て
現在は、自宅で手軽にできるヘアカラートリートメントを使っています

普通の白髪染めと比較した場合

メリット
・自宅で手軽にできる
・コスパが良い
・ヘアカラー剤特有のニオイがしない
・髪や地肌に優しい

デメリット
・白髪染めカラーに比べて染まり方が弱い
・カラーに比べると色落ちが早い

↓↓1番おすすめのカラートリートメント↓↓

ルプルプ オリジナル カラートリートメント

使用頻度:週2回(リタッチ的に)、1ヶ月に1回(全体に)
使用方法:乾いた状態の髪に専用ハケを使って塗り広げ、ビニールヘアキャップをして湯船に使って10分放置後、通常のシャンプー・トリートメントをして終了

最後に、
最近インスタとかみていると
知らず知らずに情報取られてるんだなぁと恐ろしくなるのですが
中高年向けの広告が大量に流れてくるようになりました
白髪対策の広告も多いのなんの・・・
中でも多いのが

(育毛剤で)艶々黒髪に!!!とか
2年白髪見てない!!!とか

ハァ〜、アホか

って思いつつ見てしまう自分、笑

努力(メンテナンス)は大事だけど
盲目になるべからず!!!!!ですね

大事なのは完璧を求めないこと♪

なんでもほどほどに♪
そして継続は力でございます〜

それでは
今日も長文最後までご覧いただき
ありがとうございました

素敵な1日になりますように( ´ ▽ ` )/

ことりでした

<おまけのコラム>

高齢出産だった私は、子供が年長の時にはすでに前髪に白髪が出始めていました

幼稚園のお迎えで子供同士が遊んでいた時のこと
不意に園児のひとりに
A君「〇〇君のママは、どうしてここ白いの?おばあちゃんと同じ??どうして??」
と言われてしまいました

その時、
A君のママは気の毒なくらい慌てて

A君ママ「違うよ!!もう!!!ごめんーー!!!」

私「いやいや、こっちこそ、気を遣わせてごめんよ^^;」

なんとも気まずい思い出となりました

当時
子供の言ったことだし
もちろん腹も立たなかったけれど
正直少しショックではありました
基本的に年齢は気にしない方だと思うのですが
まだ子供も小さかったので
母親をおばあちゃん呼ばわりされるのは
可哀想だなと思い
もうしばらくはヘアカラーをまめにしようと
反省した出来事です
あー、懐かしい

今後
白髪の割合が増えて
リタッチも難しくなってきたら
また新たな方法を試してみたいなと思っています^^
その頃には今よりもっと画期的なヘアケア商品が開発されてるといいなー

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。